FOR PARENTS
《 保護者とのコミュニケーション 》
家庭と学園の連携を大切に、子どもたちを中心とした学習環境づくり

子どもたちの成長のためにも、子どもたちを守るためにも、家庭と学園の連携は不可欠です。
関西国際学園では、教師と保護者が連携して、子どもたちと共に学び、育ち合う環境づくりのために、保護者とのコミュニケーションを大切にしています。

子どもたちの心身の発育、社会性の発達、学習成果を連絡帳、成績表、懇談や参観を通してお知らせしています。
また、子育てや最新の教育事情をお伝えする茶話会や、子どもの教育に対して不安をお持ちの保護者へのカウンセリングも充実しています。

《 関西国際学園における教育環境・保護者との連携 》

子どもたちにはクラス担任が2人とESL専任講師1人が常時関わります。外国人担任と日本人担任がいることで、より一人ひとりの子どもたちの個性を伸ばすことができるのはもちろん、クラスとしての個性もより豊かになります。1クラスは最大20名となり、ESLの時間には教師:児童の比率が1:4になります。授業は担任の指導のもと進みますが、言語学習のクラスに関しては専任講師も加わり、4人の講師が授業を担当することとなります。

クラスの人数に関わらず、少人数制を保つため、児童数の増加に比例して教師数も増加し続け、少人数体制が確立されています。

さらには、子どもたちの成長には学園とご家庭との連携は不可欠です。さまざまな機会を通して、保護者の方とのコミュニケーションを大切にしています。年に3回の保護者参観では子どもたちの様子をご覧いただき、年に2回の保護者懇談では子どもたちの作品集、成績表を見ながら成長の段階や学習の成果をお伝えします。

年に2回のカリキュラム説明会や毎月のクラスニュースレターを通して、学習内容や課外活動についてのお知らせをし、ご家庭で子どもたちの経験について対話していただいたり、宿題のサポートをしていただくことで子どもたちの学びがより深いものになります。

また、保護者の方々ご自身の体験として最先端の教育事情や子育てについてなどをざっくばらんに話し合う学園長を囲んでの茶話会や、海外学校視察報告会、カリキュラムラボ顧問の茂木健一郎先生や教育界、医療界などでご活躍の方々をお招きしての各種講演会なども定期的に開催しています。

 
お申込み、お問い合わせはコチラ

関西国際学園 神戸校(初等部)
〒657-0864 神戸市灘区新在家南町4丁目1-31