GREETING
《 夢を広げる第2章へ 》
関西国際学園 学園長
中村久美子
Kumiko Nakamura

国際化が進む中、社内公用語を英語にする日本企業が現れるなど、英語は欠かせない言語となってきています。子どもたちが活躍する20年後の社会では、英語がコミュニケーションツール、共通言語として位置づけられ「英語を使って何ができるか」が問われていることでしょう。

このような社会情勢において、関西国際学園では国際カリキュラムを取り入れたイマージョン教育で「グローバルな視野を持った日本人」を育てることを目標にしています。開校以来、たくさんの子どもたちが関西国際学園を巣立ち、卒業生は完璧なバイリンガルに育っています。

そして、2014年4月。学園の規模を大きくすることで、より多くの子どもを受け入れ「一人でも多く日本のリーダーとなる人材を育てよう」と、初等部を国際都市・神戸に集結しました。敷地面積2,000坪という伸び伸び学べる環境を実現。たくさんの友達や多国籍の先生方と触れ合う中で、英語はもちろんのこと日本語や日本の文化をきちんと学び、国際人に必要な“日本人としてのアイデンティティー"を育んでもらいたいと考えています。

子どもは私たちの夢。関西国際学園のバランスが取れた教育を通して、子どもたちが聡明なリーダーとして国際社会で貢献できるよう、力を注いでまいります。

 
お申込み、お問い合わせはコチラ

関西国際学園 神戸校(初等部)
〒657-0864 神戸市灘区新在家南町4丁目1-31