カリキュラム
CURRICULUM
《 指導言語 》

担任と外国人担任が一名ずつ、主に日本語を話す日本人担任と英語を話す外国人担任が就きます。
授業によっては日本語のみで行われるもの、英語のみで行われるもの、そして日本語と英語両方を使って行われるものがあります。それぞれの言語力をしっかり身につけると共に、同じ授業の中で日本語から英語、英語から日本語に移り変わる環境を与えることで、真のバイリンガル性を発揮することができます。
詳しくは「トランスリンガル」をご覧ください。

《 科目 》
  • UOI
    (探究学習)

    PYP の基礎となる学習です。
    5~6 週間ごとにPOI にあるユニット(単元)を学習します。単元によっては理科、社会、芸術などの分野に特化したものがありますが、「理科」「社会」などと分けて考えるのではなく、国語や算数の要素も絡めて「教科融合的」に進めます。授業は日本語で行われる場合もあれば、英語で行われる場合もあり、両担任が共に入って両言語で進める場合もあります。
    詳しくは「探究学習」のページをお読みください。

  • ELA
    (English Language Arts)

    英語力をつけるためには一人ひとりの子ども達には異なったニーズがあります。そのニーズに対応して、関西国際学園ではEnglish Language Arts (ELA:英語言語学習)とEnglish as a Second Language (ESL:英語を第二言語として習得)を融合した英語カリキュラムを構築しています。クラス担任とESL専任講師がチームとなって、フォニックス、スペル、読み書き、スピーキング、リスニング、文法、流暢さの向上などの英語力をつけるために必要な基本的な言語の構造を指導します。さらに、週に1回は1グループ4人の子どもに対して1人のESL講師がつき、個々の子どもに必要な発音指導や少人数グループでよりたくさん話す機会を作ることで自信をもって話すことを促します。

    関西国際学園では、IB PYPの英語学習指針とケンブリッジ大学監修のESLカリキュラムを融合した独自のELA/ESLカリキュラムを構築しています。この独自の英語カリキュラムは、英語を学ぶことはもちろん、英語で学ぶ他の学習領域と関連付けて言語を習得することを目的としており、特に探究学習に必要な語彙を増やしたり、言語スキルをつけることで概念を深く掘り下げて学ぶことができ、総合的な学習を充実させることができます。

  • ESL

    たくさんの会話や演劇を通して英語の発音や文法理解を強化すると共に、表現力を磨きます。外国人担任と共に、ESL 指導専門の教師が2 人(児童数の少ないクラスは1 人)入り、少人数のグループに分かれることでレベルに合わせた指導ができ、子どもが話す時間も増えます。

  • 音楽

    音楽専門の講師により日本語で行います。いろいろな楽器に触れたり、世界中の歌を歌いながら音楽の基礎を身につけます。
    さらにユニットと関連して社会の中の音楽の役割について探究します。

  • ジーニアスエレクティブ

    毎週行われるジーニアスエレクティブは子ども達がさらに主体的に学び、興味のあることにプロジェクトとして取り組み、極めていくことのできる大切な時間です。グーグル社で「20%の自由な時間」として自身の勤務時間の20%を個々のプロジェクトの時間に使ってよいとすることがクリエイティビティや仕事の効率化に繋がったと言われています。関西国際学園でも子ども達が熱意のある分野を追求するべく、自ら取り組むことができる「設定された自由な時間と環境」です。

    週2回の80分の縦割りのグループ設定は、一人ひとりの子ども達がそれぞれの興味のあるものを7つの分野から選ぶことができます。スポーツ、ジャーナリズム、美術、演劇、アウトドア、テクノロジーと工作です。1人で取り組んだり、グループで取り組んだり、クラスで学んでいるテーマと関連付けたり、テーマは自由です。普段と異なるチームメイトや担当講師と関わることでも刺激を受けたり、新たに自身の才能の開花や学びやスキルを深める喜びを体験し、発見できることが一番の醍醐味です。

  • 国語

    日本人担任が担当します。漢字や文法、読み書きの基本的なスキルを、ユニット単元と絡めて学習します。
    日本の文学作品を学んだり、暗唱オリンピックや作文コンクールにも取り組みます。

  • 算数

    算数の授業は、外国人担任と日本人担任がチームとなり、英語と日本語の両言語で指導します。クラスの中でさまざまなグループ分けを取り入れ、子ども達が両言語で算数の概念を理解すること目指しています。算数の取り組みは教科融合型で、探究学習にも合わせて学習の単元を進めます。日本の学習指導要領とIB PYPの算数学習指針を融合した関西国際学園独自の算数カリキュラムを構築しています。初等教育で必要な基本的な算数の単元学習を網羅し、さらに算数のスキルを使って、日英どちらの言語でも他の学習内容に活用する応用力をつけることを目指しています。

    週に1回は「算数マスター」クラスがあります。少人数グループで課題に取り組み、しっかりと算数の概念が定着しているか確認をします。一人ひとりの学習進度を把握し、それぞれのニーズに対応した適切な課題に取り組んだり、個別指導を行います。算数の単元をそれぞれのペースで理解を深められるよう、Khan Academyなどのオンライン教材、算数クイズ、または子ども達同士で教え合ったりするなど、さまざまな学習形態を取り入れています。

  • ICT

    関西国際学園の教科融合型カリキュラムにとってICTの活用は核となる要素です。自らの学びを深める為、子ども達はICTスキルを駆使しています。その為には使えるようになるだけではなく、どのように効果的に使うことができるのか、そのスキルをどのように付けていくのか、など自ら考え学ぶことが求められます。当学園では1年生からiPadを1台購入します。iPadを使って、協力して課題に取り組んだり、創作したり、リサーチをしたり、デザインをしたり、プログラミングをしたり、作成したドキュメント等を共有したりなど、毎日の学習にさまざまな面で活用しています。

    また、初等部では1年生からプログラミングとロボット工学にも力を入れています。iPadを使い、プログラミング言語を学び、「どうすればできるか」を考え、作りたいものを試行錯誤して作りあげるプログラミングを体得します。ロボティックスラボで行われるロボット工学の授業では、ロボットをデザインし、組み立て、プログラムを入れ、操作します。ICTの授業やICTを活用することで、子ども達のクリエイティビティや問題解決能力を伸ばすことができ、それが一人ひとりの子ども達が総合的な学びを深めることにつながり、さまざまな方法で学んだことを表現することに繋がると考えています。

  • 体操

    体操専門講師により日本語で行います。ボール遊びやなわとび、マット、跳び箱など幅広い運動を取り入れています。
    またユニットと関連して自分の体の仕組みや、スポーツや健康が社会とどう繋がっているかを探究します。

  • 空手

    村上派武育会宗家元世界チャンピオンの村上邦夫先生より直伝で空手指導を受けています。空手を通して心身を鍛え、精神の統一や礼儀作法を習得します。また日本人としてのアイデンティティも養います。

《 ICT/プログラミング 》
プログラミング

それを、初等教育で!
プログラミング教育を、すそ野を広げ学ぶことこそ、日本の課題を解決するひとつと考えています。
現在の日本の教育は「間違えない達人を量産する」という、ひと昔前の産業にはベストな人材教育をしているといえます。 今、日本の労働力に大きく期待されていることは、斬新な課題の解決力や創造力。 これは答えがひとつという「間違えない達人の教育」ではなく、「色々な答えがあって当たり前」が大前提のプログラミング教育だからこそ生まれる力なのです。

DeNA 監修

2015年度から関西国際学園 初等部カリキュラムに「DeNA」監修のもと、1年生からの全学年に「プログラミング」を正式導入しています。

コンセプトに込める想い

プログラミングを知り、日常の思考にもより豊かな発想が生まれ、さまざまな疑問を抱き、解決していく楽しさを身につけてほしいということが一番の想いです。
また、「情報技術」を正しく知り、体感的に学ぶことで、今まで出てこなかった個性的なアイデアを日本人ならではの発想と特性を活かした価値観を生み出し、世界に発信してほしいと願っています。

ICT スキルの融合

関西国際学園ではICT を特別なスキルとして教えるのではなく、普段の探究学習や算数、言語の分野と融合させています。
全学年で子どもが1 人1 台iPad を持って学ぶことで、ICT を使いながら生活・学習することが自然なものとなってきます。
iPad で瞬時にクラスメイトの作品の写真を撮ってモニターで見比べたり評価しあったり、Wi-Fi 環境を活用して別々のデバイスから共通のネットスペースで同時にポスターなどをデザインしたり、お互いの作文を批評したり編集し合ったりすることができます。もちろんタッチタイピングなどの基本的なパソコンスキルアップには低学年からとりくみます。

《 その他の教育プログラム 》
エキジビション

国際バカロレアのPYPカリキュラムの集大成です。6年生の子どもがトピックを選び、自ら探究の流れを組み立て、研究したり資料を集めたりした結果を、ICTやさまざまなツールを駆使してひろうします。歴史、科学、算数、プログラミング、プレゼンテーション、文化などさまざまな分野を織り交ぜ、自分が情熱をもっていることを伝えたり、社会問題をとりあげて問題提起をしたり、新しいアイディアを紹介するなど、これから社会の一員になっていく自覚を持ちつつ、保護者や教師に自分の考えをぶつけていきます。PYPエキジビションでは、近隣のPYP校のスタッフを招きあったり、事前の練習で他校の子ども達と意見交換をするなど、他校とのネットワークを築く機会にもなるのです。

生徒評価

子ども達の経験や学びを本人へのフィードバックやご家庭への報告などさまざまな形で行うことはとても重要なことだと考えています。成績表は、探究学習単元、算数、英語、日本語、体操、音楽などの分野で評価し、前期と後期の1年に2回配布します。さらに、実物とデジタル版での子ども達の作品集を年間を通して随時共有し、子ども達の学習と成長の成果をご覧いただきます。保護者懇談は1年に2回行われ、両クラス担任(外国人・日本人)とESL担任との直接話す機会を設け、子ども達のそれぞれの場面での様子をお伝えしています。当学園では年間を通じてさまざまな状況と形式で子ども達の学習進度と成長の段階を評価しています。言語学習においては、より明確な成果をお伝えできるよう独自の評価システム以外にも英語学習における学年毎の評価LAS Linksを1年に1回取り入れています。その他の評価方法に関しましては、関西国際学園の「評価ポリシー」を参照ください。

児童生徒会 (SAC)

児童生徒会は、クラスや学年を代表して集まった選挙で当選したメンバーで構成されています。SACは1週間に1回集まり、学校内で起こっている気になる問題や課題について話し合い、自分たちでどのように働きかけて状況をよくすることができるかを考え、行動に移します。他にも、スポーツデーのアナウンスのアシスタントをしたり、近所の清掃ボランティアをしたり、チャリティーの募金活動をしたり、行事の運営計画にも関わるなど、さまざまな活動をしています。SACは個々のリーダーシップに必要なスキルを伸ばすだけではなく、関わる全ての人にとってKIAコミュニティがよりよい環境となるように一丸となって日々取り組む学びの機会となっています。

 
お申込み、お問い合わせはコチラ

関西国際学園 神戸校(初等部)
〒657-0864 神戸市灘区新在家南町4丁目1-31