カリキュラム
House System
《 ハウスシステムとは 》

スクール全体をコミュニティとして、児童、職員をグループ分けしたものです。個性豊かな子どもたちを、異年齢混合の縦割りグループ(ハウス)に分けそれぞれのハウスに配属します。スクールに関わる全ての人がハウスに所属することで、さまざまな価値観や想いを共有し、より良いコミュニティの実現のためにそれぞれが貢献することを促します。

ハウスシステムはイギリスのボーディングスクール(寮制学校)で取り入れられてきたもので、「ハウス」の語源は、学期中の寮生の生活のベースとなる「ボーディングハウス」にあります。そのシステムが現代に受け継がれ、スクールシステムに影響をもたらしただけではなく、文化として後世に影響を与えることとなりました。イギリスのケンブリッジ大学やオックスフォード大学、英連邦の国々の大学や、アメリカのハーバード大学やイェール大学などで取り入れられています。

《 関西国際学園のハウスシステム 》

関西国際学園では2016年度よりハウスシステムを導入しています。ハウスシステムを通して、子どもそれぞれの個性を大切にしながら、コミュニティとしての繋がりを強化することを目指しています。
ハウスシステムは、子どもたちの生活の大きな一部となっており、学園の理念と文化を理解し、継承していく上で、なくてはならないものとなっています。また、児童生徒会とも連携し、スクールに関連するさまざまな事柄の決定事項に対し、児童の声をより反映できるようになりました。

《 関西国際学園の4つのハウス 》

各ハウスは、関西国際学園の子どもに浸透している価値観を表しています。それぞれのハウスは、ブルー、レッド、グリーン、イエローに色分けされており、スタッフと保護者で、この価値観を言動で示している著名人をハウス名に選びました。 関西国際学園では、ブルーはアルベルト・アインシュタインで「探究」を、レッドはマララ・ユスフザイで「責任」を、グリーンは吉田松陰で「リーダーシップ」を、イエローはレオナルド・ダ・ヴィンチで「創造力」を象徴しています。

学園生活の中で、この価値観を反映した言動や、他の子どもによい影響を及ぼす貢献をした子どもにポイントが与えられます。個人の行いがコミュニティに繋がる、一人ひとりの行いが社会のしくみに貢献する、ということが体感できます。月1回の全校集会で、各ハウスのポイントの集計を発表し、ポイントの高かったハウスがハウスカップを獲得します。ハウスカップは受賞したハウスのカラーリボンをつけられ飾られます。
関西国際学園に入学すると同時に家族全員がハウスに所属します。卒業後もそのハウスに属し、兄弟姉妹や親子関係は同じハウスに属することとしており、代々受け継がれていくのです。

《 ハウスシステムの利点は 》
ハウスシステムを通して
  • 子ども同士の繋がりとコミュニケーションの活性化を目指しています。
  • 健康的な競争心も育みます。
  • 一人ひとりを細やかにケアできます。
  • 国際バカロレアの提唱する「学習者像」を推進しています。(注1)
注1)学習者像
探究する人
知識のある人
考える人
コミュニケーションができる人
信念をもつ人
心を開く人
思いやりのある人
挑戦する人
バランスのとれた人
振り返りができる人
 
お申込み、お問い合わせはコチラ

関西国際学園 神戸校(初等部)
〒657-0864 神戸市灘区新在家南町4丁目1-31