バカロレア
ABOUT IB
《 国際バカロレア(IB)初等教育プログラム(PYP)認定校 》

関西国際学園神戸校は、2015年4月よりIBワールドスクールとしての認定を受けました。これにより、世界で唯一日本語でPYPのカリキュラムを提供する学校となりました。また主要科目(言語、算数、社会、理科)の分野を全児童が日本語と英語で学ぶバイリンガルのプログラムは、世界中でも他にあまり例がなく、今後多方面から注目を浴びることとなるでしょう。

2015年4月現在、PYPの認定校は1245校、アジア太平洋地域には332校、日本には17校あります。IBワールドスクールの合計は4108校になります。今後とも探究学習を通して、下記のIBの学習者像を備えたリーダーを育成し、国際社会に貢献できる人材を輩出していきます。

IBやIBのプログラムに関しての詳細は http://www.ibo.org をご覧ください。

《 国際バカロレア 初等教育過程とは 》
IBスクールとしての使命は:

「国際バカロレア(IB)は、多様な文化の理解と尊重の精神を通じて、より良い、より平和な世界を築くことに貢献する、探究心、知識、思いやりに富んだ若者の育成を目的としています。(中略)

IBのプログラムは、世界各地で学ぶ児童に、人がもつ違いを違いとして理解し、自分と異なる考えの人々にもそれぞれの正しさがあり得ると認めることのできる人として、積極的に、そして共感する心をもって生涯にわたって学び続けるよう働きかけています。」 (文部科学省ホームーページから抜粋)

IB PYP(プライマリー・イヤーズ・プログラム)は3歳〜12歳までの年齢を対象に、IBの理念に基づいてスキルや概念を習得する学習指針です。PYPは初等教育において、教科融合型のアプローチをとり、下記6つのテーマにおいて、科目だけではなく、社会に生きる人としての学びを深めます。

● 私たちは誰なのか
● 私たちはどのような時代と場所にいるのか
● 私たちはどのように自分を表現するか
● 世界はどのような仕組みになっているのか
● 私たちは自分たちをどう組織しているのか
● この地球を共有するということ

1年の間に取り組むこの6つのテーマ学習は、算数、言語学習、社会、理科、体育、芸術、テクノロジーなど科目間の関連性をもって子どもたちの学びを深めます。

PYPは教科融合型のカリキュラムの枠を提供し、子どもたちが主体的に学ぶ方法が最大に効果的だと認識しています。探究学習では、教師は子どもたちの学習の過程を導く役割を担当します。テーマについて事前に知っていることを共有し、その後の学びの方向性を 見出す質問を考え、リサーチをベースに得た情報をまとめます。

そして、身の回りの世界との関連性を見つけ、結論に繋げます。この過程から得た学びをどのようにその後の行動につなげるのか。知識を習得するだけではなく、知り得たことに対しての自身の行動にまで反映することが大切です。このように、教師は子どもたちと日々の学びを振り返り、さまざまな状況で選択や決断することを学びます。

このような学習環境では、教師は講義をする人ではなく、進行役として、探究の道を共に追求します。子どもたちが物事の理解を深め、知識を吸収し、概念やスキルを習得することが探究学習の醍醐味なのです。

PYPスクールであるということは、最高レベルでの教育を提供できるよう、常に進化しようとしているクリエイティブでエネルギーに満ち溢れた世界中のスクールと連携ができるということです。IB PYPスクールの一員として子どもたち、教師、さまざまな家庭と協働し、よりよい教育環境を作る義務があります。それは、KIAの子どもたちにとっても視野を広げることのできる貴重な体験となっています。

「IBの使命」に掲げられている理念、教科融合型カリキュラムと探究学習の混合はKIAに関わる全ての人々やコミュニティにとって学園をよりよい教育環境に作り上げる要素となっています。そして、IB PYPが大切にしている学習の要素は、まさに21世紀を生きる子どもたちに必要だと考えられているグローバルな視野をもった生涯の学習者を育成することにつながっているのです。

 
《 学習者像 》
  • 探究する人
    生来の好奇心を育みます。調査と研究を行うために必要なスキルを獲得し、自主性を発揮しつつ学習します。
    主体的な学びを楽しみ、この学びの喜びを生涯を通じて持ち続けます。
    Inquirers
  • 広い心を持った人
    自己の文化と経歴を理解し、大切にすると同時に、まわりの個人と共同体の視点、価値観、伝統に対して心を開きます。常に多様な視点を探して評価し、その経験を糧に成長しようと努力します。
    Open-minded
  • 知識のある人
    地域、そして世界的に重要な概念、考え、問題を探究します。そうする中で、特定の学問分野に偏らず幅広く、バランスのとれた深い知識を身につけ、その理解を育みます。
    Knowledgeable
  • 思いやりのある人
    他の人たちが必要としていること、感じていることに対して思いやり、共感、そして尊重する気持ちを示します。他の人たちの生活と環境に良い影響を及ぼす為に奉仕し、行動することを自分の責任とします。
    Caring
  • 考える人
    複雑な問題を認識し、それに取り組み、筋の通った論理的な決定を行うために、批判的かつ創造的に考えるスキルを積極的に応用します。
    Thinkers
  • 挑戦する人
    未知の状況や不確実な事態に対し、熟慮しつつ勇気を持って取り組み、新しい役割、考え、戦略を探る自立した精神をもちます。自分の信念を守るために恐れることなく、明確な態度を示します。
    Risk-takers
  • コミュニケーションができる人
    複数の言語、多様なコミュニケーションの方法を用いて、考えと情報を自信を持って創造的に理解し表現します。まわりの人と積極的かつ効果的に共同作業を行います。
    Communicators
  • バランスのとれた人
    自己及び他者の幸福を達成するために、知性、体、心のバランスをとることが重要であると理解します。
    Balanced
  • 信念を持つ人
    正直さと誠意を持って、公正公平、そして個人、集団、及び共同体の尊厳に対する尊敬の念を強くもって行動します。自分自身の行動と、その行動に伴う結果に対して責任を負います。
    Principled
  • 振り返るができる人
    自己の学習と経験を深い洞察力をもって熟孝します。個人の学習と成長を促すため、自分の長所と短所を評価し、理解することができます。
    Reflective
 
お申込み、お問い合わせはコチラ

関西国際学園 神戸校(初等部)
〒657-0864 神戸市灘区新在家南町4丁目1-31